会社概要

ご挨拶

 森永エンゼルデザート株式会社は、森永製菓グループの冷菓部門の生産会社として、冷菓事業部では「チョコモナカジャンボ」「バニラモナカジャンボ」「アイスボックス」「パリパリバー」「パキシエル」など森永製菓ブランドのアイスクリーム製品を、デザート事業部ではコンビニエンスストアをはじめホテル、レストラン、喫茶店などでお取り扱い頂いている各種冷凍ケーキを生産しております。

 森永製菓グループは、「おいしく、たのしく、すこやかに」をビジョンに掲げ、世界の人々に価値と感動のある商品、サービス、情報を提供していくことをミッションとしています。
当社は森永製菓グループの一員として、そのビジョン、ミッションの実現のために「お客様視点に立った生産活動を推進し、お客様に価値と感動のある製品を提供する」ことを基本方針に掲げ、日々生産活動を行っております。当社は平成27年に創業50周年を迎え、新たな創業期がスタートしております。最新の製造設備を導入し、長年培ってきた高い技術力を駆使し、徹底した品質管理のもと、お客様に信頼いただける製品を日々製造しております。

 これからも、更に未来を見つめ日々改善を重ね、お客様の信頼に応えるべく従業員一同努力して参りますので、今後ともより一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

代表取締役 徳山 義家

ビジョン

当社は、森永製菓グループの一員として、”おいしく、たのしく、すこやかに”をビジョンに、お客様に価値と感動を提供する商品作りを目指し、常に優れた品質と安全・安心の確保を最優先に考えた生産活動を行っています。

また、おいしさだけではなく、社会の流れを確実にキャッチし、お客様にとって何が必要かを常に考え、皆様に満足していただける商品、そして最高の品質を追求し続けています。

 

エンゼルのように地球にやさしく

環境に配慮した生産会社

製造過程で排出される食物系廃棄物は、農作物の肥料や畜産飼料の原料として再利用されています。

当社はISO14001認証取得事業所として『エンゼルのように地球にやさしく』のスローガンの下、企業活動のあらゆる面に於いて、常に環境に配慮した取り組みを行っています。

活動指針

  • 省資源・廃棄物の減量化・リサイクル化を促進することにより、循環型社会の実現に貢献します。
  • 省エネルギー活動の推進により、CO2等の温室効果ガス排出量を削減し地球温暖化防止に努めます。
  • 地下水の有効利用を図るとともに、公共水域に対する良好な水環境の保全に努めます。

例えば、製造過程で排出される食物系廃棄物は、農作物の肥料や畜産飼料の原料として再利用されています。その他、段ボールや廃プラスチックなどのリサイクル活動や効率的な生産による省エネルギー活動などにも積極的に取組んでおります。
また、生産活動に欠かせない冷凍設備の更新時には、フロンガスを使用しない自然冷媒を積極的に採用し、環境負荷の軽減を図っています。

 

 

会社概要・沿革・グループ会社はこちら

ページトップへ